表紙 | 新規 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

2006/08/21 - ここのつ 今夜は祝言を

差分表示


&color(#ffff00,ここのつ 今夜は祝言を)

* 夏バテ
ちょっとしんどい。と言うよりも、暑すぎ。

* perlでstatic変数
こんな感じでやれば、できるっぽい。
---(
use strict;
&main();
exit 0;

sub main {
         for (my $cnt=0; $cnt < 10; $cnt++) {
                 &test();
         }
}

sub dummy {
        my $No;

        sub test {
                $No++;
                print "No = $No?n";
        }
}
---)

で、結果がこれ。
---(
No = 1
No = 2
No = 3
No = 4
No = 5
No = 6
No = 7
No = 8
No = 9
No = 10
---)

こんどこれ使ってインデックスのソートを高速化させよう。

*Webクリエイター
&link(Webクリエイターの"常識"をWeb上でチェック、高得点者には認定バナー,http://journal.mycom.co.jp/news/2006/08/21/001.html)

やってみたら、80点でした。認定バナー贈呈は81点以上。。。&br()
別にバナー欲しくないですが、1点足りなくてアウトってのは、なんか激しく悔しいなぁ。

まぁ、元々対象外な訳ですけどね。

*1ディレクトリにいっぱいのファイル
&link(Web屋のネタ帳 on CNET,http://rblog-ent.japan.cnet.com/neta/2006/08/linux1153000_b892.html)

これって常識じゃなかったんですね。5000個でも多過ぎる気がします。感覚的には1000個を超えると遅くなる気がします。

まぁext2はディレクトリ内のインデックスを順検索するので、数が増えるとstatするのに時間がかかる訳で、xfs等ならB+ Treeで管理してるから影響が小さい訳ですよ。

間違っても、ファイルが多い所でlsすると表示するのに時間がかかるって意味じゃないですよー。 > CNetに[[TrackBack]]してた人

----
#searchresult(2006/08/,NAM-)
-[[#rtrackback]]

先頭へ