表紙 | 新規 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

2005/10/24 - オレ 絶対 担任教師と禁じられた愛に走ってみせるから!!

差分表示


&color(ffff00,オレ 絶対 担任教師と禁じられた愛に走ってみせるから!!)

* 狩り
ガンバってツッコミ入れようとか思ったら、すでに優しいモヒカン族の皆さんがツッコミ済でした。
でもせっかくなのでツッコンデみます。たぶん、力いっぱいツッコミ入れても大丈夫でしょうから。

-&link(OSというのは端的に言うとライブラリの集合体です,http://d.hatena.ne.jp/Wata_BTRON/20051020/1129829206)

もう各所から突っ込まれまくっていますが、ライブラリとOSは別物ですね。
ライブラリを集めてもプロセスの管理はしてくれませんし、デーモン(サービス)の代わりには直接はなりませんからねぇ。&br()
それとも、SqueakやSmalltalkのような環境を意識しての発言なのかもしれません。

それぞれの意味をWikipediaで探してみました。
= &link(オペレーティングシステム,http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0)
= &link(ライブラリ,http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA)

開発環境を充実させた方がいいという点に関しては同意です。

と、ここまで書いていて矛盾している点に気づきました。
= OSというのは端的に言うとライブラリの集合体です
= ライブラリって仕組みあるんでしょうか。全く用意されていないとちょっと読みましたが…。
= ライブラリがないってのはせっかくプログラムを書いても他の人が再利用できないってことですからね。
= BTRONはその点たぶんおそらく超モノリシック・カーネルなんでしょう。壮絶な。

OS = ライブラリの集合と定義していながら、BTRONにはライブラリがないと言っています。&br()
つまり、BTRON ≠ OSとなります。ここで「OSとしてのBTRON論」というタイトルと矛盾します。
しかし、その後でBTRON = 超モノリシック・カーネルとなっています。&br()
超モノリシック・カーネルをどんな意味で書いたのかは不明ですが、前後の文脈から
「アプリケーションから再利用可能な機能集合の塊」と考えると、それってライブラリちゃうの?と。

それと「モノリシック・カーネルは悪」みたいなニュアンスで書かれていますが、
それほど簡単な話でもなく、例えばLinuxは効率重視の姿勢からモノリシック・カーネルです。
たぶん、OSとかライブラリとかプログラムとかの基本概念を理解していない状態で
書いているんだろうなぁと推測しています。

- &link(W-ZERO3へのダメ出し、これからのITRON,http://d.hatena.ne.jp/Wata_BTRON/20051020/1129824173)

ITRONは仕様の名前で実装の事じゃないよ!とか、ITRONの仕様書を読んでみよう!とかツッコミしたいところです。

** バッサリ
バッサリと斬ってしまうと、彼は陸サーファーなんですよね。&br()
例えば、こんな感じ。
- BTRON最高! 持ってないけど
- Librettoとかに悶え死んでいました。持ってないけど。

夢を見て思いを馳せる事はいい事です。&br()
実際に触ってみて理想と現実と、理想へ歩む道と考えた方がよいかと。
他人には茨の道かもしれませんが、意外と心地よいかもね。ちょっとぐらい溺れた所で死にはしません。&br()
考えるだけの天才よりも、行動するバカですよ。

まぁ、早いトコ海サーファー(?)になってツッコミを入れて欲しいですね。新しい風というのは、常にいいものですから。

ところで、彼ってホントのところプログラムできるんでしょうか。できないんでしょうか。
「Hellow,Worldもできません」とよく書いているのに、小学生の頃プログラムしていたみたいな事も書いているんですよねぇ。

* 無償のVMWare Player
Symantec LiveStateRecoveryのイメージファイルも使えるんだったら、
= バックアップ取得
= VMWare PlayerでHotfixや仕様版の検証
= 問題なければ、実機に適用
みたいな使い方もできますよね。
企業でクライアント環境アップグレードの検証に使うのもよさ気。

単にディスクを消費するだけだったバックアップイメージが、お試し環境として利用できるのは意外とメリット大きいと思います。
ただ、それがVMWareの収益にどう繋がるのかは知りませんけど。

http://www.vmware.com/products/player/

----
[[2005年10月の日記]]一覧へ
-----
[[#rtrackback]]

先頭へ