表紙 | 新規 | 編集 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

2005/12/12 - こんな残酷な仕業が とても楽しい。

目次

こんな残酷な仕業が とても楽しい。

Windows上で、Hyper EstraierとWWWOFFLEで全文検索

void GraphicWizardsLair( void ); //経由、 WWWOFFLE とEstraier で過去に見たWeb ページを全文検索 | alectrope_を見て、 Windows上でやってみようかと思った次第です。

で、結論から言えば、ちょっとスクリプトを書き換えてやれば問題なく出来ました。
ただし、前提としてcygwin環境が必要です。ないとWWWOFFLEが動作するか知りません。

Hyper EstraierのWindows用パッケージの中にはWWWOFFLEと連携する為にスクリプトが入ってないっぽいので、 Estraierのソースパッケージからestwolelsを拾ってきました。後で気付いたんですが、Hyper Estraierのソースパッケージの中に 違う名前の同じ動きするスクリプトがありました (^^;;;

で、estwolelsをUNIX風なpathではなく、Windows風なpathを出力する様に改造します。
具体的にはestwolelsの58行目を↓な感じで書き換えます。
(設定値直接書き込みはキタナイので、良い子はちゃんと変数使いましょう)

 #awk -v sdir="$spooldir/http" ' &br()
 awk -v sdir="c:\\\cygwin\\\var\\\spool\\\wwwoffle\\\http" '

で、次に68行目を↓な感じで変えます。

 #  printf("%s/%s/%s\t%s\n", sdir, srv, bef, aft)
 printf("%s\\%s\\%s\t%s\n", sdir, srv, bef, aft)

これで準備O.K.

あとは、Hyper Estraierのマニュアルにやり方書いてあるので、ソレに従えば出来ます。

 ./estwolels /var/spool/wwwoffle | estcmd gather -cl -fm -il ja -bc -px @uri -px _lfile -sd -cm cache-db -
こんな感じのbashスクリプトを用意して、コマンドプロンプトからバッチファイルで
 bash cache_update.sh
ってな風に呼び出せばインデックス作成できます。

使用感としては、まぁまぁボチボチ便利かな。

Google Sitemaps for PonyWiki その2

プライオリティをアクセス数から算出するようにしてみました。

求め方は、アクセス数の偏差値を求めて、1/10にしたものをプライオリティとしています。 ただし、偏差値100を超えるものは1に変えています。

作った後に言うのもあれですが、あんまり意味があるものでもないですねぇ。むしろ無い方がいいかも。

ネコに関するTips

その1

猫を暴れさせずに移動させる方法は、洗濯ネットの中に入れて適度に縛って行く。

その2

猫に薬(錠剤)を飲ませるには、前後の脚を固定し、牙の間に指を突っ込む。 すると「なにすんねん」と大きく口を開けるので、口の奥に錠剤を入れる。 で、おもむろに口を閉じさせると、「ゴックン」と飲み込む。

ちなみに猫は状況把握できずに「????」な顔をしてます。


2005年12月の日記一覧へ

''TrackBack'' - http://you-like.to/cgi-bin/ponytail/yukiwiki/wiki.cgi/2005%2f12%2f12

先頭へ