表紙 | 新規 | 編集 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

2005/06/07 - だーから なんで そう きっかいな格好で出迎えるかな!!

目次

だーから なんで そう きっかいな格好で出迎えるかな!!

Change Leopard

そんなこんなで、MacはIntelにスイッチしましたとさ。

なんだか激しくデジャブーを感じるのは、私だけでしょうか。BeとかNeXTとかNEXTSTEPとかOPENSTEPとか。。。

アーキテクチャーの変換点毎にISVを失っているのに、今回はどうなる事やら。

  1. アップルがインテル製CPU採用、次期Mac OS Xは"Leopard"
  2. Intel乗り換えの動機はPowerPCの消費電力問題
  3. 現実となった「Intelスイッチ」、一部アナリストは疑問視
  4. Apple、Intelプロセッサ採用を正式発表
  5. 【速報】噂は本当だった! アップルコンピュータ、 MacintoshにPentium 4を採用へ
  6. MacへのIntel製CPU搭載をジョブズCEOが宣言
  7. Apple、2006年からのIntel CPU搭載を発表
  8. 元麻布春男の週刊PCホットライン Intelベースに移行するMac OS Xへの希望

追記

MAB(Multi Architecture Binary)は、Mach-Oが内部に複数レコード持てる事を利用した仕組みですね。リソースは共有して、実行部分だけ各アーキテクチャ毎に持つ、と。
確かMach固有の機能ではなく、NEXTSTEPあたりからの機能だった気がします。

メリットとしては、一つのファイルで複数アーキテクチャに対応できるので、NFSでファイル共有しているヘテロな環境でも管理工数が増えない、ってところです。NeXTってNetInfo使って複数台でシステム作るのが面白いんですよ。で、NetInfoのDBが壊れて帰れなくなったのは、それは私。

追記 その2

豆知識 NTの初期開発ターゲットはi860でした。しかし、カトラーがボードを窓から投げ捨てた為に、ターゲットがMIPSに変更されます。その後、NTでのMIPSサポートが打ち切られターゲットがAlphaに変更されます。そして、カトラーがカーレースする為に休職して初めてターゲットがx86になりました。
なぜカトラーがメインターゲットをx86にしなかったかというと、「x86メインにしたら、高速化の為にアセンブラ混ぜて移植性落とす奴が山ほど出てくるやろ」という理由です。

CPUアーキテクチャを変更しても成功したものって、MC680x0が出ずどうしようもなくPowerPCへ移行したMacと、こんな事もあろうかと事前に十分考えられていたAS/400ぐらいしか思いつかないです。ぁ、あとはザウルスかな(笑

それにしても、当分先の話ですが、次期マシンはどうすればいいんかな。新しいリナザウかなぁ。


2005年06月の日記一覧へ

''TrackBack'' - http://you-like.to/cgi-bin/ponytail/yukiwiki/wiki.cgi/2005%2f06%2f07

先頭へ