表紙 | 新規 | 編集 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

2004/09/10 - そう、答えはかんたんです。邪魔なものはぶっとばしてしまえばいいんですよ

目次

そう、答えはかんたんです。邪魔なものはぶっとばしてしまえばいいんですよ

西条八十のテンプレート

はっぴぃさん、私のあの本、どうしたんでしょうね?
ええ、夏、有明から駅へゆくみちで、
人ごみへ落としたあの本ですよ。

はっぴぃさん、あれは好きな本でしたよ、
私はあのときずいぶんくやしかった、
だけど、いきなり人津波がきたもんだから。

はっぴぃさん、あのとき、向こうから若いスタッフが来ましたっけね、
黒のゴスロリにエプロンドレスをした(男)。
そして列整理をしようとして、ずいぶん骨折ってくれましたっけね。
けれど、とうとう駄目だった、
なにしろ酷い人ごみで、それに臭いが
鼻がまがるぐらいですもの。

はっぴぃさん、ほんとにあの本どうなったでしょう?
そのとき傍らに行列を作っていたウロボロスは
もうとうに枯れちゃったでしょうね、そして、
冬には、企業ブースの行列があの丘を越え、
あの本の横で毎晩徹夜組が凍えたかも知れませんよ。

はっぴぃさん、そして、きっと今頃は、今夜あたりは、
あの駐車場に、静かに雪がつもっているでしょう、
昔、つやつや光った、あの共信印刷の同人誌と、
その裏にDrモローさんが書いた
ドリル! という血文字を
埋めるように、静かに、寂しく。



フィクションですよ (・▽・)ノ


2004年09月の日記

''TrackBack'' - http://you-like.to/cgi-bin/ponytail/yukiwiki/wiki.cgi/2004%2f09%2f10

先頭へ